スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴーヤーチャンプルー

今日はゴーヤーチャンプルーです。
何故ゴーヤーチャンプルーかと言うと、先日、NHKの朝イチという番組にてゴーヤー特集をしていました。
ゴーヤーの苦くない食べ方ということで皮を削ってワタと種を取らずに輪切りにして揚げるとむしろ甘い、という結論でした。
ということはゴーヤーチャンプルーも皮を削れば苦くないんじゃないの?ということでチャレンジしました。

ゴーヤーチャンプルーで苦くない食べ方といえばワタを丁寧に綺麗に取って塩揉みするというのが定番。
逆に皮を削るとどうなるか?ということでワタと種は取りましたが、至っていい加減(笑)
更に塩揉みもしない、ということで苦さの検証を行いました。

ゴーヤーチャンプルー

以下のレシピは2人前になります。
材料:豆腐1/2丁、ゴーヤー1本、豚肉orベーコン100g程度、ニンジン1/2本、卵2個、もやし50g程度、しょうゆ大さじ2、みりん大さじ2、塩、胡椒、鰹節適量

1.事前に豆腐を水切りしておく。

2.ゴーヤーを皮むき器で皮を削る。
削ったゴーヤーは以下の通り

皮を削ったゴーヤー

3.皮を削ったゴーヤーの両端を切り落とし、縦半分に切ってワタと種を指でほじくり返し、5mm程度の半月切りにする。

4.豚肉orベーコンを薄切りなら一口大、固まりなら5mm角の拍子に切る。

5.ニンジンは細めの拍子切りにする。

6.卵をボールで溶き、強火で充分に熱したフライパンに油を引き、油の上に卵を流す形でふんわりと焼く。焼きあがった卵は一旦取り出し、キッチンペーパー等で油を拭き取っておく。

充分に熱した油の上に流すことで、卵はふんわり、またフライパンに引っ付きません。

7.油を拭き取ったフライパンを中火にかけ、豚肉を焼く。

豚肉から油が出るので油を引く必要はありません。

8.ゴーヤーを入れて更に炒め、次にニンジンを入れて更に炒める。

9.充分に火が通った所でもやしを入れて更に炒め、塩胡椒で味を調える。

10.豆腐を手でちぎりながら入れて炒め、豆腐が温まったところで卵を戻し、しょうゆ、みりんを加えて、全体を大きくかき混ぜながら炒め、みりんのアルコールを飛ばす。

11.皿に盛って、上から鰹節を振りかけて完成


さーて、このゴーヤーチャンプルーのお味ですが・・・

あまり苦くないですね。もちろん多少は苦いですよ。しかし他の具材と一緒に食べるとさほど気になりません。
しかも下処理なしでこの苦さなら充分効果を発揮しているでしょう。


あのブツブツが好きなんだーーー!!とか苦くないゴーヤーなんてゴーヤーじゃない!!という人にはおススメしませんが(笑)



今日は久々に料理での更新です。振り返ればなんと6月だというのに今年初めての料理レシピです。
更新がなかった理由は極めて個人的な事情によります。これからも料理レシピの更新は遅いと思いますのであまり期待しないでください。
関連記事

テーマ : 料理レシピ   ジャンル : グルメ

非公開コメント

プロフィール

のんくん

Author:のんくん
まあまあそこそこいい年齢してます
美味しいものが食べたい、をモチベーションに2008年ごろから日々自炊をする毎日

登山記事のタイムは標準コースタイムの1.5倍で進むのでタイムを参考にされる場合には注意が必要
3年目の目標は・・・とにかく安全に楽しもう!

登山に出掛ける際には登山届を出しましょう!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。